NEWS & BLOG

宮崎でバリアフリーをお考えなら㈱トラストホームへご相談ください

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店トラストホームです。

高齢化が進み、今住んでいる家では介護や日常生活に支障があり、バリアフリーのリフォームを考えている方も多いのではないでしょうか。でも実際にどこまでをバリアフリーにすればいいのかわかりませんよね。そこで今回のトラストNEWSでは、バリアフリーリフォームでやっておきたい場所をご紹介いたします。

ぜひバリアフリーリフォームの参考にしてください。

福岡 介護リフォーム

 

バリアフリーリフォームの必要性を考えよう

バリアフリーとは・・・障がい者や高齢者にとって「物理的な障害と取り除く」ことを目的としています。
公共施設などにも、車いすを利用する方が不便なく利用できるように、エレベーターやスロープを設けている施設も多くありますよね。自立生活を困難にしてきたバリア(障害)をなくしていくことが大切です。

自宅に潜む危険

若いことは平気だったことが、加齢に伴い身体的な能力が衰え難しくなることも増えていきます。

どのように身体の機能が低下するのか確認しておきましょう。

◆指先や手の力が低下する
◆筋力の低下
◆転びやすくなり、骨折もしやすくなる
◆機敏性が乏しくなる
◆足腰が弱くなる
◆足を上げる力が低下する

上記のように身体の機能が低下することで、生活のちょっとしたことに不便さを感じ始めます。

身体の機能が低下して困難や不便を感じること

◆トレイで立ち上がることが困難
◆ごくわずかな段差でつまづく
◆階段の昇り降りが足腰の負担になる
◆車いすや杖が必要
◆入浴時に浴槽をまたぐのが大変

 

身体の衰え方は人それぞれなので、高齢になっても上記にあげたことが問題なくこなせる方もいらっしゃいます。しかし、高齢者になるにつれ、バランス感覚や筋力の衰えを感じ、ふらつきやつまずくことが多くなります。
高齢者の転落事故や転倒は増加傾向にあり、家の中での転倒事故が原因でケガをしたり亡くなる方も増えています。そういった防げる事故を防ぐために、高齢になっても快適に安全に過ごせるような環境を整える為にも、バリアフリーリフォームが必要となります!

 

バリアフリーリフォームで安心安全な住まいにするポイント

バリアフリーには家族ができるだけ長く住めるように、介護者の負担を減らすという視点も重要になります。
まずはお住まいをバリアフリーにする場合の代表的な設備をご紹介します。

廊下や階段

車いすで生活する方がいるご家庭では、段差をなくしたり廊下の幅を広くするためのリフォームが必要です。
階段や廊下にスロープや手すりを設置することで、移動がスムーズになります。廊下をバリアフリーにすると、本人の生活はもちろんですが、介護者にとっても負担が少なくなるメリットがあります。
階段には滑り防止ようの床材を貼ったり、柔らかめの床材にすることで転倒やケガのリスクを軽減することができます。また階段のリフォームができる場合は、途中に踊り場を設けたU字型の階段がおすすめです。一直線の場合は転倒した場合、下まで一気に転がる危険性があります。U字型の階段の場合は、途中で止まるためそういった危険にも対応することができます。

廊下・階段のリフォームポイント
◆廊下の幅を広くする
◆廊下・階段に手すりをつける
◆階段には滑りにくい床材を張り付ける
◆階段のリフォーム時にはU字型にする

 

 

トイレ

特にトイレが和式の場合は足腰に負担がかかってしまうため、洋式へのトレイリフォームが必要です。
廊下と同様に、車椅子が入れるスペースの確保や介護者が付き添えるスペースを確保することが大切です。また手すりを設置することで、トイレ時の立ち上がりや移動もスムーズに行えるのでおすすめです。また扉はできるだけ引戸へ変更しておきましょう。車椅子の場合、開き戸は開閉が困難です。引き戸にする場合のポイントはレールタイプにしないこと!このレールが段差となりますので、交換する場合はノンレールタイプ(上吊り式)を選びましょう。

トイレのリフォームポイント

◆和式を洋式にリフォームする
◆スペースを広く確保する
◆手すりをつける
◆扉を引き戸にする

浴室

浴室で多いのが足を滑らせる転倒事故です。転倒を防ぐためには床材を滑りにくい素材に変更したり、手すりをつけたり、段差をなくすリフォームが必要です。また、手の力が無くても開け閉めできるような引戸や折戸に変更することもおすすめです。浴槽の高さも意識しておきましょう。一般的にまたぎやすい高さは30cm~40cm程度ですが、高さを抑えるために床に浴槽を埋め込むタイプが良いです◎入浴時に腰が掛けられるように縁が広めなのを選ぶことで、付き添いの方が腰を掛けたり、足湯などもできるのでおすすです。
そしてさらに気を付けたいのが【室内温度】!冬場の脱衣所や浴室の温度が低いと暑いお湯につかった時に血圧が急激に上昇し【ヒートショック】を発症する恐れがあります。浴室は断熱性を高め、室外との温度差をなくすようにしましょう。

浴室のリフォームポイント

◆床材を滑りにくいものにリフォームする
◆手すりをつける
◆浴槽の高さを低くする
◆広めの縁を設置する
◆浴室内の断熱性を高める

 

 

当社では、安心の施工でバリアフリーリフォームをご提供しています。 宮崎にお住まいで安心施工のバリアフリーリフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

ページの先頭へ

リフォームをお考えの方は、当社へお気軽にご相談下さい。

  • フリーダイヤル:0120-39-1137
  • メールでのお問合わせ