NEWS & BLOG

リフォーム金額の相場とは?㈱トラストホーム宮崎店にお任せ下さい

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店トラストホームです。
今回のトラストNEWSは、リフォームの相場のご紹介です。

 

リフォームの相場って幾ら位?内容別で相場をご紹介します。

 

リフォーム相場

 

 

リフォームの金額は、どの様な工事をするかによっても大きく金額が異なります。

と言うものの実際にリフォーム内容によってどの位の金額になるか確認したいですよね。

今回はリフォーム金額相場を内容別にご紹介しながらリフォーム金額の抑え方をお伝えします。

 

全面リフォームに必要な金額は?

全面リフォームの金額についてご紹介します。

幾ら位かかるのかを知っておく事で、それぞれのリフォーム内容別の費用相場への理解も深まりますので参考にしてみて下さい。

全面リフォームとは?

全面リフォームと言うと建て直しと間違いやすいので、ここでしっかり内容を理解しておきましょう。

全面リフォームとは家の基盤部分のみを残して、それ以外を全てリフォームする事を言います。

スケルトンリフォームとも言われ家を基礎部分のみの状態にし新しく内装や間取り、設備機器を入れていきます。

それに対して建て直しとは家の基礎部分を含め全てを一旦壊して同じ場所に基礎から新しく家を建て直しする事を言います。

この全面リフォームと建て直しの違いは「家の基礎を残すか残さないか」の違いです。

 

全面リフォームの金額相場は?

全面リフォームの金額相場はリフォームする住宅の状況により大きく変わる為、500万円~2000万円程と金額に幅が出てきます。

 

 

リフォーム内容別の金額相場

 

リフォーム相場

それでは次にリフォーム内容別の金額相場を見ていきましょう。

 

◎お風呂

お風呂のリフォーム金額はユニットバスの交換で50万円~150万円、在来浴室からユニットバスへのリフォームとなると65万円~150万円が必要となります。

 

◎洗面所

洗面所のリフォーム金額は20万円~50万円程度です。

内装(床、壁紙)工事や機能が最低限備わっているユニット洗面台への交換のみであれば20万円未満でもリフォームが可能になります。

 

◎トイレ

トイレリフォームの金額は15万~50万円程度です。

手すり設置や便座のみの交換等の小規模な工事であれば10万円程度となります。

床や壁等の内装を張り替えたりトイレ本体を交換したりすると20万円以上、さらにトイレ本体の位置を変更するとなると50万円以上が必要となります。

 

◎システムキッチン

システムキッチン交換のリフォーム金額は50万~100万円程度です。

キッチンリフォームはキッチン本体のグレードをどの位にするかにより、また今までのキッチンの場所を動かすかどうかによっても金額は大きく変わってきます。

 

◎壁紙の張り替え

壁紙の張り替えリフォームの金額は1000円~1500円/㎡程度です。

壁紙のグレードを下げれば750円~800円/㎡でリフォームする事も可能です。

 

◎床の張り替え

床の張り替えリフォームの金額は1万円~7万円/畳程度です。

 

 

◎間取り変更

間取り変更リフォームの金額は20万円~350万円程度です。

 

◎外壁・屋根

外壁や屋根のリフォーム金額は、それぞれ50万円~350万円です。

 

 

 

リフォーム金額を安くするには?

 

リフォーム相場

 

リフォームの内容別にどの位の金額がかかるかを把握し、その金額をどうすれば抑える事が出来るのかをお伝えします。

 

◎設備のグレードを下げる

リフォーム費用で大きな割合を占めるのが導入設備本体の金額です。

その為、導入設備のグレードを下げる事で大幅にリフォーム費用を抑える事が出来ます。

導入予定の設備のカタログを入手したり、ショールームに見に行ったりして、どの位のグレードでどの位の金額で設備を導入したいか、しっかりと検討しましょう。

 

◎リフォームはまとめた方が費用を抑える事が出来る

出来るだけ部分的にリフォームをするのではなく、まとめる事でコストを下げる事が出来ます。

例えば屋根と外装のリフォームや水回り系のリフォームです。

リフォームを検討する部分はなるべくまとめて工事を実行する事で足場設置の費用が都度かかるよりお得です。

その為、リフォームが必要な部分をピックアップしてまとめて工事が出来る様に業者へ依頼しましょう。

 

◎補助金制度を利用する

長期優良住宅化リフォーム補助金、エネファーム設置補助金、省エネ改修補助金等、リフォーム内容によっては補助金で費用に足しに出来る可能性があります。

 

リフォーム内容がある程度絞れたら、予定するリフォームが補助金の対象であるか確認してみると良いでしょう。

 

 

 

まとめ

今回はリフォーム費用の相場や費用の抑え方について解説をしました。

この記事で、それぞれのリフォームの相場はお分かりいただけたかと思いますので、どの部分にお金をかけ、どの部分にはお金をかけないのか、しっかりとリフォーム計画をたてましょう。

 

 

当社では、安価でリフォーム全般をご提供しています。

宮崎にお住まいで全般の安価リフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

店舗リフォームなら㈱トラストホーム宮崎店にご相談下さい

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店トラストホームです。
今回のトラストNEWSは、店舗リフォームのご紹介です(*^-^*)

 

店舗リフォームでお店が見違える!

この記事では店舗リフォームをする費用の目安やメリット、安心して業者を選ぶ為のポイントを解説しています。店舗のリフォームは、社員とお客様、双方にメリットがあり店舗の利益にも繋がります。

 

店舗リフォーム

店舗リフォームを行うとお店の印象を大きく変えられます。お店の印象が変わると客層にも変化が起き、今までアプローチ出来なかった客層に来店してもらえる可能性が高くなります。

 

 

店舗リフォームのメリットは見た目だけではない

店舗リフォームのメリットは外観が良くなるだけではありません。店舗がお客様へ提供する買い物の体験や社員の生産性の向上にも大きく関係しています。

続いての項目では店舗リフォームで得られるメリットや解決出来る悩みをご紹介します。

 

店舗の印象を変えられる

店舗を経営している方は店舗の集客に悩む事も多いでしょう。店舗の印象はお客さんやお店で働く社員にとって大切な要素です。例えば店舗の内装や外観が古びている、清潔感がない、老朽化が目立つ党はお客さんが入店しづらいと感じるでしょう。もう一度来たいと思ってもらえる可能性も低くなります。

 

便利な空間を実現できる

空間を変化させる事も色々なメリットがあります。お客様が利用しやすい様に内装や導線を整えると顧客満足度が上がり店舗へ長期に渡り通ってもらいやすくなるでしょう。また社員にとっても働きやすい空間作りが実現すれば作業効率も上がる事となるでしょう。

 

店舗のコンセプトを変えられる

コンセプトは、どの様なお客様を呼べるかを決める重要な要素です。もし営業する時間帯を変更したい、店舗へ訪れるお客さんの層を変えたい、と言った予定がある場合はコンセプトを変更してみるのもよいでしょう。将来的に呼び寄せたいお客さんのニーズに合わせた外観や内装にリフォームする事で今後狙っていきたいお客さん好みの店舗作りができます。

 

 

店舗リフォームの気になる費用はどのくらい?

飲食店・美容系サロン・事務所の3業種を例にして、リフォームの費用相場を紹介します。

 

飲食店のリフォーム

店舗リフォーム

 

店舗の扱っているメニューや面積で大きく異なりますが、坪単価の相場は15万~30万円程です。飲食店は厨房にコンロなどの調理設備が必須な上、テーブルやイス、レジなど接客に必要な設備も用意する必要があります。用意する物が多いと費用も必然的に高くなります。また店舗が目指すコンセプトや雰囲気を実現する為にインテリアにもこだわると相場よりもさらに費用が大きくなることでしょう。

 

美容系サロンのリフォーム

店舗リフォーム

店舗のコンセプトや広さ、什器の数にもよりますが坪単価15万~30万円が相場になります。例えば美容室の場合、ボイラー、シャンプー台等の給排水関係の設備に費用が多く発生します。また高級感を演出する為に内装にも拘るとさらにお金がかかるでしょう。

エステサロンの場合も同様で、必要になる什器の数が多ければ費用も高くなりがちです。

同じ美容系でも、ネイルサロンの場合はそれほど費用が高くなりません。必要な什器が少なく、ネイル用素材、お客様とスタッフ用の机とイスがあれば営業できます。店舗の内装に拘れば費用は高くなりますが、エステや美容室と比べれば予算は少なく済むでしょう。

 

事務所のリフォーム

店舗リフォーム

坪単価10万~15万円が相場になります。そもそも事務所は必要になる設備が決まっている為、内装もシンプルなもので済みます。そのため、飲食店等と比べると工事費用があまりかかりません。

新規に開設する場合や移転する場合は、居抜き物件を選ぶのがオススメです。消防・空調設備が整っており、フローリングなどの床材、照明器具もそのまま利用できる可能性が高く費用を抑えられるでしょう。

店舗内の壁・床・内装・天井等が何もないスケルトン物件は1から用意する必要があり、時間と費用が多くかかるため、費用負担がかなり大きくなります。デザインを重視しないのであれば、出来るだけ居抜き物件を選んだ方がコストを削減できます。

 

リフォームをすると店舗の利便性が上がるだけでなく、お客様が感じとる印象や社員の働きやすさが向上します。安く済ませるならDIYでするという手もありますが、安全性を考えるとプロの業者に依頼する方がよいでしょう。実際に見積もりを取ってもらい、不明な点を入念に確認してください。見積もりの段階で対応スタッフのマナーがなっていない、あいまいな説明をする業者や、アフターフォローがないなど、保証内容が薄かったり誠実さに欠ける面があったりする場合は、候補から外すことも検討しましょう。依頼側の立場になって、親身に提案してくれる業者を探しましょう。記事で触れたことを参考にしつつ、ぜひリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

 

店舗リフォーム

 

 

当社では、安価で店舗リフォームをご提供しています。 宮崎にお住まいで店舗の安価リフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

お風呂リフォームなら㈱トラストホーム宮崎店にご相談下さい

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店トラストホームです。
今回のトラストNEWSは、お風呂リフォームのご紹介です(#^.^#)

 

お風呂のリフォーム、どれくらい費用がかかるの?

浴室を新しいユニットバスにリフォームしたい場合、料金は幾らかかるのか。インターネットやチラシで調べてみても金額はバラバラで、良く見ると「工事費込み」と書かれている事が多いのではないでしょうか?浴室をリフォームする場合の「工事費」とは、どの様な費用が含まれているのか?結局、幾らあればリフォーム出来るのか?施工事例とともに浴室リフォームの気になる費用について見ていきましょう。

 

ケース別 浴室のリフォーム工事にかかる費用の目安

最近のユニットバスは半身浴がで出来る、節水性に優れているなど、くつろげる形状の浴槽が多いです。また床がヒンヤリとせず、撥水性も高い為カビも発生しにくく冷めにくい高断熱浴槽も各社で用意されているのでリフォームすれば水道光熱費の節約も出来ます。

 

浴室のリフォーム費用の内訳は主に以下の2つがあります。

ユニットバスではない在来工法で作った浴室などからユニットバスに交換する場合は設置する為の工事費が増えます。

 

◎ユニットバス本体の価格

水栓のデザイン性や壁パネル、浴槽の防汚技術にこだわるほど価格は上がる。浴室全体の断熱性能を高めるオプションはそれらと比べるとさほど高くありません。

 

設置するための工事費

ユニットバスからユニットバスへのリフォームなら単に入れ替えるだけなので比較的費用はかかりません。タイル張りの浴槽にタイルの床など、在来工法で作られた浴室からユニットバスに交換する場合はトイレやキッチンと比較するとかなり解体処分費がかかる可能性が有ります。

これを踏まえてリフォーム費用の安い順から見ていきましょう。

 

ケース1:ユニットバスの交換 最新式ユニットバスへリフォーム

【施工費用例】工事費込み 57万円
設備・建材費:35万円 工事費:22万円

工事費/解体撤去、梁対応工事、給排水工事、設置費など
設備・建材/システムバス(1216サイズ※0.75坪タイプ) 
種別/マンション 

ユニットバスの組み立て作業と、給排水管の配管や電気工事程度なので費用はこの程度で済みます。
リフォーム期間の目安は2~3日程度です。

 

 

ケース2:在来工法の浴室からユニットバスにリフォーム

【施工費用例】工事費込み 76万3000円
設備・建材費:45万円 工事費:31万3000円
工事費/解体撤去、土間打ち工事、窓開口工事、給排水工事、設置費など 

設備・建材/システムバス(1616サイズ※1坪タイプ)
種別/一戸建て 

 

在来工法の浴室とは、タイル張りの浴槽にタイルの床などユニットバスではない浴室の事。タイルや下地に使われているモルタルなどの解体にかかる手間だけでなく、廃棄物の量が多くなるので解体処分費が余計にかかります。

リフォーム期間の目安は1週間程度です。

 

ケース3:給湯器の入れ替え

浴室のリフォームに併せて給湯器を交換する人も多いかもしれません。最近は自動お湯張り機能や追い焚き機能付なのはもちろん省エネがほとんどですが、どれくらいの費用で交換できるのか見てみましょう。

【施工費用例】工事費込み 12万円
設備費:10万円 工事費:2万円
設備/ 16号追い焚き機能付のガス給湯器
工事費/解体撤去、ガス工事、設置費など

上記は16号の追い焚き機能付に変更した施工例。ちなみに16号とは「水温プラス25℃」のお湯を1分間に16L出せると言う意味で家族4人なら24号くらいがオススメです。

上記は従来から追い焚き機能付の給湯器を使用しているケースですが、もし追い焚き機能がない給湯器から変更する場合は、追い焚き用の配管を新設する必要があり、その分の費用も必要になります。

 

 

上記以外に必要になる可能性のあるオプション工事とは?

◎換気扇を浴室換気乾燥暖房機へリフォーム

従来の浴室に浴室換気乾燥暖房機がなかった場合、排気ダクト設置の工事や電気工事費が必要になる。(電気式の浴室換気乾燥暖房機の場合。ガス式はガス工事が必要)

 

浴室内の天井に梁がある

柱や梁が浴室内に出っ張っている場合、その部分を覆う工事が必要になります。

 

 

元々がユニットバスだったかどうかでリフォーム費用が大きく変わる

ユニットバス以外の浴室、在来工法で作った浴室などからユニットバスにリフォームする場合が最も費用が高くなりがちです。またマンションでのリフォームは床の高さやスペースなどの制限次第で必要な工事内容も変わってきます。

紹介しているリフォーム事例の費用はあくまでも目安で設置場所や選ぶ機種によって金額も変わってきます。自分の家の場合はどの様な工事が必要なのか、この記事を参考にして予算の目安を付けてからリフォーム会社に相談しましょう。

 

 

当社では、安価でユニットバスをご提供しています。 宮崎にお住まいでユニットバスの安価リフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

一軒家リフォームなら㈱トラストホーム宮崎店にお任せ下さい

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店トラストホームです★
今回のトラストNEWSは、一軒家リフォームのご紹介です(^^)/

一軒家リフォーム

 

 

リフォームでかかる費用が知りたい

中古物件を購入してリフォーム又は、住み慣れた家のリフォームを検討している等さまざまでしょう。しかし、リフォーム工事にはたくさんの種類があります。部分的なのか、全体的なリフォームなのかによっても費用は大きく変わってきます。予算と相談しながら検討する為に、リフォーム費用の相場を知ることが大切です。

リフォームの箇所別、種類別に相場費用を確認しましょう。また、できるだけ費用を抑えるための方法もお伝えします。安心してリフォームを行うために、順番に確認していきましょう。

 

リフォームの種類別の相場費用

リフォームには、高齢者や障害などに合わせて改装を行う「バリアフリーのリフォーム」や家の中すべてを改装する「フルリフォーム」等、色々な種類があります。どのようなものがあるのか、おおよその費用はどれくらいかかるのかを知る事は、検討するうえでとても大切な部分です。一つずつ確認してみましょう。

 

全面(フル)リフォーム

全面リフォームでは中古で家を購入したりした時であったり、築年数が古くなった為など、フローリングや壁紙、畳などを一新して綺麗にする為に全面的にリフォームを行います。間取りの変更などを行わない工事なので、一般的なリフォームとして取り入れやすいでしょう。

主に、壁紙・フローリングの張替え、水回り設備の交換、外壁や屋根等の塗装などの工事を行うことが一般的です。価格相場は、約500万円からとなります。

 

スケルトンリフォーム

スケルトンリフォームでは、家の躯体のみを残し、設備や間取り等をリフォームする、大規模な工事を行います。子供が大きくなって夫婦二人暮らしになった為、または子供家族と同居するために2世帯住宅のようにしたいなど、使いやすい間取りに変更することが出来ます。費用は、家の広さによって大きく変動します。

また家全体でなく、部屋の一部分のみをスケルトンリフォームする事も可能です。その場合の費用相場は、約300万円から約700万円でリフォームを行っているケースが多いようです。

 

バリアフリーのリフォーム

バリアフリーリフォームでは手すりを付けたり、段差を無くしたり、滑らない床材に張り替えたりなど、将来の介護のためや現在の住まいで不便と感じる箇所を部分的に工事するリフォーム工事がバリアフリーのリフォームです。

一度にすべての工事を完了させる必要がなく、気になった部分や予算に応じて、少しずつ改修するなど融通が利く点でしょう。

 

工事内容 費用
階段やトイレの手すり取付 4万円~
開き戸を引き戸に変更 15万円~
玄関周辺工事(段差をスロープへ変更、手すりの設置など) 43万円~
浴室工事
(間口の拡張、手すりの設置、浴槽交換、滑りにく床材に変更など)
50万円~
ホームエレベーターの設置 250万円~

 

マンションのリノベーションなどのリフォーム

マンションでは、共有部分以外の箇所でリフォームを行う事が出来ます。梁や柱で支えている構造のマンションでは、スケルトンリフォームで比較的自由度が高いリフォームを行う事も可能です。壁で支える構造のマンションもあるので、その場合は間仕切り壁が撤去できない場合があります。また水回りの変更も、構造などの理由で移動できない場合もあるのでリノベーションを行う際は注意が必要です。

マンションでリノベーションを行う際の中心価格相場は約250万から500万円程度です。洗面台の交換、システムキッチンへの変更等の部分的なリフォームであれば、約50万から200万円程度で行う事が出来ます。

 

一軒家リフォーム

 

リフォーム費用が相場よりも高くなる場合

リフォームを検討している中で、気になる事と言えば費用の事ではないでしょうか?。実際に相談してみたものの、費用が予定よりも高くなってしまう場合があります。費用が高くなる要素として考えられる事は3つあります。

 

築年数が古い物件

築年数が古くなれば設置されている配管等のリフォーム、キッチン回りや浴室等の設備リフォームも必要になる場合があります。また築40年以上の物件では、新耐震基準を満たしていない場合もあり、その場合は耐震などを含めて、大がかかりなリフォームが必要になります。そのた為費用が高くなる原因になります。

 

新しく設置する機器のグレードが高い

浴室であれば在来浴室でこだわりの設計や材質を使用したり、キッチンであればシステムキッチンのグレード等、性能や機能、デザイン性を高めれば費用が高くなります。費用を抑えたい場合は、こうした設備のグレードを抑える事も必要です。予算に合わせて、設備の壁紙やグレード・塗料・フローリング等を選択しましょう。

 

機器の搬入・搬出が出来ない・大型重機が入れない

旗竿地のような形状の為、家への通路が狭い隣接している道路が狭い等の理由で、重機や大型トラックが入ることが出来ない場合があります。その際には新しい材料の運搬や解体作業での廃材等の運送費で割高になる場合があります。

また、重機が入れない場合は全て人の手で作業を行わなければならず人件費などの費用もかさみます。そうした家の立地条件によっても費用が高くなる場合が考えられます。

 

信頼できるリフォーム会社を見つけることが大切

リフォーム工事は依頼するリフォーム会社によって工事費用にばらつきがあります。製品が安いと思っても、工事費が高いといった場合もあります。工事費用の相場を確認する為には見積もりを1社に依頼するのではなく、複数社に依頼する事がお勧めです

しかしリフォーム会社を費用だけで決定するのも良いとは言えません。大切なマイホームのリフォーム工事を行うので安心できるリフォーム会社に依頼しましょう。さらに担当者の保証や対応、アフターサービスが充実しているか、要望に対しての提案を行ってくれるか等も比較検討する事も大切です。信頼できるリフォーム会社を見付けて理想のマイホームに変身させましょう。

 

 

当社では、安価で一軒家リフォームをご提供しています。 宮崎にお住まいで一軒家リフォームの安価リフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

内装リフォームの相場は?|宮崎の安い内装リフォームならトラストホーム

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店トラストホームです。
今回のトラストNEWSは、内装リフォームの相場についてご紹介します!(^^)!

 

内装リフォームとは

内装リフォーム

 

室内を見回すと目に入る、床や壁、天井、お風呂やトイレ、キッチンといった設備。これらをまとめて「内装」と言い、この一部分あるいは全部をリフォームする事を「内装リフォーム」と呼びます。

内装リフォームとは、古い物から新しい物へと交換する工事を行う事が一般的ですが建物によっては、より大々的なリフォームを行う事も可能です。例えば利便性を高める為にキッチンの形を大きく変えることやバリアフリーを見据えて、寝室の近くにトイレやお風呂を移動させる事も出来ます。

 

上記に記載した内装を一気にリフォームすると、非常に高額な費用がかかりますが、まずは一部分のみのリフォームを行い、住みやすい住宅に改善させることも出来ます。

 

それぞれの箇所にかかるリフォーム費用の相場はこの後お伝えしますが、どこから手をつけるか悩んでいる場合には、傷みやすい水回りの工事を優先することがおすすめです。

 

内装リフォームの種類と費用相場

内装リフォーム

 

代表的な内装リフォームの箇所は、以下の5点です。それぞれの箇所で、一般的な建材を使用した場合の費用相場を事前に確認しておきましょう。

 

クロス(壁紙)の張り替えで注意したいのは、サンプルを見た時と実際の仕上がりに若干の違いを感じやすい点です。

 

ごく一部の箇所に貼り付けられたサンプルと、壁一面に張られた実物とではイメージの相違が生まれやすい為、その点を理解した上でクロスを選びましょう。また、クロスの色合いは光の当たり具合によって変化しやすいので、昼間と夜の違いについても確認しておくことがおすすめです。

 

クロスの張り替えにかかる費用の相場は、以下のようになります。

量産クロス 800~1,000円(1m2あたり)
一般クロス 1,000~1,500円(1m2あたり)

量産品クロスとは、メーカーが大量生産している定番デザインのクロスでシンプルな見た目ながら価格を抑えられることがメリットです。
一方の一般品クロスとは、高額ですが各メーカーが力を入れて生産しているクロスで独創的で見栄えの良いデザインを見つけやすいことがメリットです。

 

面積の広い部分は量産品クロス、アクセントウォールや狭い部屋には一般品クロスなど使い分けることで費用を調整するのが良いでしょう。

 

 

フローリングは傷みやすい為、多くの方が内装リフォームの際に張り替えを希望します。フローリングの張り替えにかかる費用は使用する材質によって異なり、安い物と高い物との差額は2倍以上になる事もあります。

無垢材を使ったフローリング        10~25万円(6畳)
集成材を使ったフローリング        5~10万円(6畳)

 無垢材は天然木を加工して使用する為、自然で高級感のある仕上がりになりますが費用が高額な事に加え、曲がりやすい事も特徴に含まれます。

一方の集成材は加工しやすい為、劣化が起こりにくく費用も安価ですが合板である為パターンが限られるのが特徴です。

 

いずれの材質を使用する場合においても、種類が豊富な木目やカラーから希望するフローリング材を選べるため、内装リフォームをする事で部屋の雰囲気を一新させられます。

 

キッチンは機能や工事内容によって費用が大きく異なります。システムキッチンを導入する場合の予算は以下の通りです。

スタンダードなシステムキッチン         30~100万円
高グレードなシステムキッチン         100~150万円

アイランド型キッチンはコミュニケーションを取りやすい為、特に人気ですがガスや電気、水道の配線を変更し壁の補修工事を行わなければなりません。そのため、費用はさらに高額になり工事費用を合わせると約150~200万円を見込む必要があります。

 

トイレのリフォームは工事内容や、新しく購入する便器の種類によって費用が変わります。大掛かりな工事には3~4日程度かかる場合もありますが施工会社によっては非常用トイレなどの貸し出しを行っている場合もある為、確認しておくと安心です。

便器の交換           10~30万円
和式から洋式への変更           20~50万円
トイレの新設工事           50~70万円

トイレ内の壁紙などの内装を変更する場合やバリアフリー化を進める場合には、さらに追加料金がかかります。

 

 

お風呂をリフォームする場合も設備や工事内容により料金が変わります。

ユニットバス交換      80~150万円
在来工法の浴室からユニットバス      100~150万円
ユニットバスから在来工法の浴室      120~200万円

 ユニットバスは完成品を使用しますが、在来工法の浴室はオーダーで浴槽などを組み立てていく為、予算が高くなる傾向にあります。

 

 

内装をリフォームする際の3つの注意点

内装をリフォームする際、特に気を付けておきたいのが以下の3点です。工事を依頼するよりも前に注意点を確認しておきましょう。

 

リフォームの内容によっては、工期が長期化する可能性もあり、工事を始めるタイミングを見極める必要があります。例えば浴室リフォームの場合、在来浴室を壊してから新しく在来浴室をつくるケースでは、1ヶ月ほどの工事が必要になり、この間は自宅で入浴が出来ません。

浴室以外のその他の部屋に関しても同様で、工事中は自由に立ち入ることが難しい為、工事を依頼する際には必ず工期を確認し、家族全員の同意を得ておきましょう。

 

この記事では内装リフォーム費用の相場をお伝えしてきましたが、実際に工事を始めてみると思いもよらない問題が浮き彫りになる事もあります。追加工事が必要になったり、工期が延びたりすると、人件費や材料費で追加の費用がかかる可能性があります。

 

築年数が古いマンション・アパートや古民家の場合、内装リフォームの工事ができないほど耐久性が低くなっている恐れもあります。無理な工事を行うと建物全体に大きなダメージがかかることもある為、工事を中断・中止せざるを得ません。

 

まとめ

フローリングやクロス、お風呂、トイレ、キッチンなどの内装リフォームを行うと見違えるように美しく、使いやすい住宅に生まれ変わります。

いくつかのポイントに注意することが必要ですが、ご自身が必要な工事内容を整理し費用の相場を確認し検討してみてはいかがでしょうか。

 

内装リフォーム

当社では、安く内装リフォームをご提供しています。 宮崎にお住まいで内装の安いリフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

畳リフォームなら㈱トラストホーム宮崎店にご相談下さい

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店トラストホームです。
今回のトラストNEWSは、畳リフォームのご紹介です(*^-^*)

 

畳リフォーム

 

和室に敷かれている畳のリフォームには、色々な方法があります。

今使用している畳をそのまま使う方法から、完全に新調する方法、または畳以外の別の床材に変更することも可能です。グレード別に見ると、1畳あたりの畳のリフォーム料金は次の通りです。

  • ◎高級品:約12,000円~(1畳)
  • ◎一般品:約8,000円~(1畳)
  • ◎手頃品:約6,000円~(1畳)

また、リフォーム時には幾つかポイントがある為、細部まで理解を深めて、畳のリフォームを上手く行いましょう。

 

POINT

  • ◎畳には手頃品、一般品、高級品があり、1畳あたりの費用は6,000~12,000円程度とグレードによって変動する
  • ◎畳以外の床材に変更する場合は、クッションフロアやフローリング、カーペット等があり、費用相場は7万円~30万円程度
  • ◎畳は5~6年経過したら表替えをし、10年以上経過したら張替えか交換がお勧め

 

  • 1:畳の張り替えや交換のリフォーム費用の相場

 

どのグレードの畳を使用するかによってだけでなく、どの様な方法でリフォームするかで畳の張り替えにかかる費用の相場が異なります。

張り替え方法 費用相場(1畳)
裏返し 3,500~6,000円
表替え 4,000〜9,000円
新畳 7,500〜20,000円

 

畳の状態によってどの方法が適切かは異なるため、自宅や畳の張り替え場所の状況に合わせて適切な方法を選びましょう。

 

裏返し:3,500〜6,000円(1畳)

そもそも畳は長持ちする床材であり、表と裏の両面を使用出来ます。裏返しという方法は記載文字通り今使用している畳を裏返し、まだ使っていない面を表面にする方法です。畳を反対面にひっくり返すだけで行えるリフォームの為1畳あたりの費用は安く3,500〜6,000円程度で行えます。

 

新品の畳は3~5年で、ささくれや日焼け等の劣化が目立ちはじめます。このようなタイミングで裏返すことにより、緑色した畳として使用することができます。ただし、裏面も畳縁は経年劣化をしている可能性がありますので、その際は縁だけの取り替えが必要な場合もあります。

 

裏側になっていた使用していない畳は、多少劣化していてもこれまでの表面よりはきれいな状態のままです。そのため、畳特有のい草の香りがあり、見た目にもきれいなままの状態であることが多いでしょう。畳自体がそれほど傷んでいないなら、裏返しでも十分に対処できます。

 

表替え:4,000〜9,000円(1畳)

畳の表替えは、今現在使用している面の「い草」を剥がし、新しいい草を貼り直して行うリフォームです。畳自体を変えるわけではない為、1畳あたりの費用も4,000〜9,000円程度と比較的安価です。表替えは基本的に一度だけ行える方法の為、表替えの後に畳のリフォームをするなら、畳そのものを交換しなければなりません。

 

完全に新調するより費用は安いため、畳床がそれほど劣化していない場合にお勧めの方法です。裏返しても表面がやや傷んでいる場合や裏返して使うのに抵抗がある場合などは、表替えで対処するとよいでしょう。

 

畳は表面のい草と芯材と呼ばれる部位で構成されており、芯材が消耗していない限りは表替えで対処できます。

 

 

新畳:7,500〜20,000円(1畳)

冒頭でもお伝えしましたが、両面を使用して6~10年くらい経過した時期が新調するタイミングですが、黒カビが目立つようになったり、畳床が柔らかくふかふかしたきたら中が腐食している可能性がありますので、年数が経っていなくても新調されることをお勧めします。

 

2:【床材別】畳をリフォームした場合の費用相場

 

今、畳を敷いている部屋でも、畳以外の床材に変更してリフォームを行うことも可能す。この場合は、床材によって費用の相場が異なります。

種類 費用相場
琉球畳 約2万円(1畳)
カーペット 約7万円(6畳)
クッションフロア 約10万円~(6畳)
フローリング 約18万~30万円(6畳)

畳は1畳で考えることが基本であるのに対して、他の床材は6畳をベースにして考えます。

 

3:畳リフォームの張り替え時期

 

畳を張り替える際には、いつ行うのか適切な時期を知っておくことが大切です。今使用している畳のグレードによっても異なりますが、基本的には5年で表替えをし、10年経過で新調すると良いでしょう。張り替え時期を見極める際には、畳の表面の色の変化や畳そのものの劣化状況を確認することが大切です。

 

3~4年経過している場合

畳を張ってから3~4年程度の場合なら、それほど劣化していない事も多いです。表面上特に問題が見られない場合はそのまま使用しても構いませんが、表目がささくれ立っている、色褪せているようなら裏返しを検討してもよいでしょう。

裏返して使用出来るのは、裏返して表面に問題が無い場合や芯材が劣化してない事場合のみです。また、裏返した際には畳のふちのみ交換が必要な場合もある為、劣化状況を確認しておくことが大切です。

高級品なら長持ちする事も多いですが、人の出入りが多い場合や日当たりが良く、日焼けによる劣化が見られる場合は3~4年程度で裏返しをすると良いでしょう。

5~6年経過している場合

畳を張ってから5~6年程度経過している場合は、表替えをしたほうが良い事が多いです。ふちの劣化や表面のささくれ、日焼け等が目立つようなら、表面を一新する事がお勧めです。

 

約10年経過している場合

畳を張ってから10年経過している場合なら、芯材や表裏の両面とふちが劣化していることが多いです。そのため、新調して張り替えることがお勧めであり、完全に交換した方が性能も見た目も良くなります。

日に当たりづらい場所だったり、人の出入りが少なかったりするなら表替えで対処できる事もありますが、経年劣化で芯材が傷んでいることも少なくありません。畳特有の香りが消えてしまっている事も多い為、10年に一度は張り替えると考えて良いでしょう。

 

4:畳のリフォームを行う際の5つの注意点

 

失敗なく畳のリフォームを行うには、次の5つの注意点を頭に入れておくことが大切です。

  • 1.畳を新調する場合はまず畳の種類を把握する
  • 2.洋室にする場合は他空間とのバランスを考慮
  • 3.畳からフローリングにする場合は床暖房を考慮
  • 4.畳リフォームのDIYは難易度が高い
  • 5.マンションの場合は管理会社に確認する

各種ポイントを参考にして、スムーズにリフォームを行いましょう。

 

5:畳をリフォームする際の業者選びのポイント

 

畳のリフォームをスムーズに行うには、リフォーム業者の選び方が重要です。業者を選ぶ際には、次のポイントを意識しましょう。

  • 1.見積もり内容に不備がなく詳しく説明してくれるか
  • 2.丁寧で迅速な対応 / 提案をしてくれるか
  • 3.アフターフォローが充実しているか

充実したサポートと親切丁寧な対応をしてくれるかどうかが、業者を選択する際の重要なポイントです。これらのポイントを意識した上で複数の業者に見積もりを依頼し、もっとも条件が良い業者を選びましょう。

 

 

畳リフォーム

 

 

当社では、安価で畳リフォームをご提供しています。 宮崎にお住まいで畳の安価リフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

外構リフォームなら㈱トラストホーム宮崎店にご相談下さい

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店トラストホームです(^^♪
今回のトラストNEWSは、外構リフォームのご紹介です!

 

外構リフォームの費用相場

外構リフォームの費用相場をご紹介しています。住宅の周りの、フェンスや門扉、テラス、ウッドデッキなどの外構部分のリフォーム料金の相場が分かります。どこまで外構にこだわるかで費用が変わりますので、事前に適正価格を確認して外構リフォームをしましょう。

外構リフォーム

外構リフォームの中心となる価格帯

リショップナビの事例をもとに、外構リフォームにかかる費用相場を確認できます。
(※2021年4月時点集計データ)

 

「外構」とは、住宅の外周部分のことで、具体的には、フェンス(塀)・アプローチ・門柱・門扉・サンルーム・ウッドデッキ・カーポート(ガレージ)などです。

外構リフォームの中心になる価格帯は、10~100万円です。
カーポートの補修、アプローチ整備、門柱、門扉やの取り付けなどであれば50万円未満でできる場合が多いです。

家の周りを塀やフェンスで囲んだり土の庭を全面コンクリートにしたり、という工事の場合は、100万円程度の予算を考えておいたほうが良いでしょう。

また、家周りの外構リフォームと、ガーデニング・庭の造成工事は同じタイミングで依頼をしたほうが全体の予算をおさえられるので、家の外側をどのようにしたいかイメージをはっきりとさせておきましょう。
木々や草花を簡単に配置するのであれば、自分でできる場合もあるので予算によってはセルフリフォームを検討しても良いかもしれません。

 

外構リフォーム

 

外構整備していない家も多いですが、家の印象を大きく左右しますし、フェンスや門扉などプライバシーや防犯に関わる部分でもあるので、安全性も考えて採用するデザインや機能を考えましょう。

 

50万円未満でできる外構リフォーム

ここからは、価格帯別に一般的な外構リフォームの工事にかかるおおよその金額を見ていきます。
この金額には、外構設備などの工事費用、材料費、諸経費を含みます。

 

50万円未満なら、目安として以下のリフォームが可能です。

 

・照明の設置、交換
・手すりやスロープの設置
・アプローチの工事(砂利、コンクリート、タイルなど設置)
・駐車場整備
・カーポートの設置
・門扉の交換
・ウッドデッキの設置
・バルコニー、ベランダの修繕
・庭の植栽
※使用する製品・材料や施工規模によってはこの限りではありません。

例1:門扉交換リフォーム

工事費用 門扉の交換    10万円 
機器代金 門扉(両開き・アルミ製)   15万円
総額 25万円
元々あった門扉を撤去し、新しい門扉に交換する場合の費用です。こちらでは、アルミ製を採用していますが、他にも鋳物・スチール(ステンレス)・木製などの素材があります。

例2:カーポート設置

工事費用 カーポート設置工事 6万円
機器代金 カーポート(1台用・片側支柱タイプ) 11万円
総額 17万円

新たにカーポート設置する場合の費用です。カーポートは設置する種類や台数によって金額が変わります。台数が増えればその分設備も大きくなり、工事範囲が広がるので高額になります。

 

例3:アプローチ整備

工事費用 アプローチ整備工事(12平米) 材料費に含む
材料費 砂利・レンガ・乱形石等 30万円
総額 30万円

アプローチを整備し、乱形石を置いた場合の費用です。アプローチとは、門扉から玄関ポーチまでの間の通路のことです。毎日通りますし、お客様をお通しする場でもあるので、見た目や歩きやすさを重視しましょう。

 

 

50〜100万円でできる外構リフォーム

50~100万円未満なら、目安として以下のリフォームが可能です。
・サンルームやテラス囲いの設置
・塀の施工
・フェンス設置

※使用する製品・材料、施工規模によってはこの限りではありません。
50万円未満で紹介した施工のグレードを上げたリフォームもここに含まれます。

例4:家の周にフェンスを設置

工事費用 基礎工事・フェンス設置 40万円
機器代金 フェンス 35万円
総額 75万円
新しく家のまわりにフェンスを設置した場合の費用です。エクステリアフェンスは、防犯の目的、プライバシーの点から見ても設置しておきたいものです。特に、通りに面している家などは、視線が気になるので設置するのがおすすめです。

例5:電動ドア・カーポート設置

工事費用 電動オーバードア設置費用 53万円
機器代金 カーポート・電動オーバードアカーポート 40万円
総額 93万円

新たなカーポートの設置と、カーポート部分に電動のオーバードアを設けた場合の費用です。カーポートは片側支柱タイプの1台用、電動オーバードアは耐久性を考えてステンレス製の腰までの高さのものを採用しました。コンクリート打ちはすでにしてあったので、一部工事でカーポートの基礎用の穴を施工しました。

 

100万円以上でできる外構リフォーム

フェンスや門扉、アプローチなど外構全体をリフォームする場合は、100〜150万円を超えてしまうことも多いです。

地面にコンクリート打ち等の基礎工事をする際は、重機が必要になる為まとめて一緒に工事をしたほうが効率的です。
今後改修する予定がある場合は、別々に実施するよりも同じ時期で外構全体のリフォームをすることをおすすめします。

 

例6:アプローチ・門扉・フェンスの設置

工事費用 フェンス・門扉設置、アプローチ整備 80万円
機器代金 フェンス・門扉・石材等 90万円
総額 170万円

門扉とフェンスを新たに設置し、門扉から玄関ポーチまでのアプローチを天然石で作った場合の費用です。

 

新築でエクステリアをつくる場合

新築の家をハウスメーカーで建てた場合に、外構工事をお願いする先は、外構専門業者かハウスメーカーか選ぶことができます。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、希望に合わせて選びましょう。

 

ハウスメーカーの場合

【メリット】
・家と外構の引き渡しが同時
・支払いが一括
・家を建てる際、同時に打ち合わせもできる
【デメリット】
・中間マージンが発生し、料金が割高

外構専門業者の場合

【メリット】
・専門性が高く、的確なアドバイスや提案はもらえる
・中間マージンが発生せず、料金が割安
【デメリット】
・工事が家の引き渡し後になる
・改めて業者を探すため、打合せ・契約・支払いが別に発生
ハウスメーカー、外構専門業者に依頼するかで、上記のメリット・デメリットのような違いが出てきます。
また、単純に安ければよいというわけではありません。
必要以上に費用を盛っている会社、材料費や人件費を削って粗悪な工事を行う会社も少なくありません。

そのため、外構リフォームが得意な複数の会社に見積もりを依頼し、最も相性の良い業者に工事をお願いしましょう。

当社では、安価で外構リフォームをご提供しています。 宮崎にお住まいで外構リフォームの安価リフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

洗面所のリフォームなら㈱トラストホーム宮崎店にお任せください!

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店トラストホームです(*^_^*)

今回ご紹介したいのは、以前当社で洗面所のリフォームをしていただいた宮崎市のS様より、嬉しいお声をいただきましたのでご紹介させていただきます♪

 

洗面所の使い勝手が悪くなり、洗面まわりの大量のカビにお悩みのS様。
築15年のマンションですが、当初についていた洗面台では、機能が少なく洗面ボウルも小さいため、お子様が使用すると水がまわりに飛び散るのがストレスだったとS様より伺いました。

 

私にも4歳の娘がいるので、お気持ちよくわかります(^_^;)

リフォームをどうしようかお悩みの時に、S様のご友人が当社でリフォームをしたと聞き、当社にお見積りのご依頼をいただきました(*^_^*)

 

S様が選んだ洗面台はこちら!

TOTO 洗面化粧台 エスクア

toto

※画像はイメージです。

 

S様が、この洗面台にした決め手が鏡!

1

 

ボウルの背面に鏡のパネルを設置。
空間に広がりをもたらすだけではなく、小さなお子様などの背の低い方も
しっかり鏡をみることができます!(^^)!

 

2

 

洗面台にもたっぷりの収納があれば、タオルをたくさん入れたり
すぐに汚れてしまって着替えの多いお子様のお洋服や下着を収納できると
助かりますよね(*^_^*)

 

S様から実際にいただいたお声はこちら★

%e5%ae%ae%e5%b4%8e%e5%b8%82

 

今では洗面台は手を洗ったり、顔を洗ったりする場所だけはなく、リラックスして身支度をしたり、
マッサージをしたり、居心地のいい空間にする最適な機能が備わったものが多く出ています♡

S様のように、ご自身にあった洗面台が見つかるといいですね(*^_^*)

 

 

 

当社では、安価で洗面台をご提供しています。 宮崎にお住まいで洗面台の安価リフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

窓の結露にお悩みなら㈱トラストホーム宮崎店にお任せください!

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店トラストホームです(*^_^*)

今回は窓の結露にお悩みの皆さまに、窓リフォームの相場や窓の種類・窓をリフォームするメリットをご紹介します♪

 

毎年の大掃除に気になる窓枠やサッシの結露やカビのかたまり・・

窓リフォーム

 

何度拭いてもキレイにならない窓。

隙間風が入ったり、窓を開けるときにガタガタと思うように開けられない。

 

 

様々な理由で、そろそろ窓をリフォームしたいな~とお考えの方に★
窓リフォームの一般的な価格や、窓の種類などご紹介していきます!(^^)!

窓の価格は?相場はどのくらい?

窓リフォーム

 

結露防止や、防犯対策・防音対策や耐震性に優れた窓など、あなたのニーズに合った窓がたくさんあります。
実はこの窓のリフォーム、高額な費用が必要になる場合もあります。

窓のリフォームを検討する際には、価格の相場を知っておくことがとても大切です。
どんな窓にしたいのか、どんな目的で窓をリフォームしたいのか、必要な金額をおさえておきましょう◎

 

窓の価格相場 ※工賃別 窓のサイズや場所で大きく変わります。

窓のリフォームは、設置する場所や窓の大きさ・種類で価格が異なります。
窓がない場所に窓を設置したり、既存の窓よりもサイズを変更したい場合は、壁を解体したりと大掛かりなリフォームになりますので、窓の金額とは別途工事費用が必要になります!

 

遮熱用ガラスの窓:約9~12万円

シャッター付きの窓:約8~15万円

防犯ガラスの窓:約8~10万円

二重窓の取り付け:約20~25万円

面格子の取り付け:約8~20万円

 

窓を購入するだけでも結構な金額になりますね。

 

よくある窓のリフォームをする3つの目的

窓リフォーム

 

窓のリフォームには主に3つの目的があります。
目的に合った窓を設置することがとても大切ですので、「何を目的」にして「どんな窓」にするのか重要点をしっかりとおさえておきましょう!(^^)!

 

①断熱性の強化

窓のリフォームを行う1つ目の目的

室内の温度を外へ逃さないための「断熱性の強化」です。
断熱性のない窓ガラスは、室内の温度を下げてしまうので、室内と外の温度差によって窓に結露が出来てしまいます。結露ができると、室内の温度が上がり、カビが発生する原因にも・・・。

窓の断熱性を強化することで、室内の温度を一定に保つことができ、暖房器具の使用を減らすことができるので、光熱費の節約にもなり、地球にも優しい省エネにもつながります◎
また、断熱性を強化することで、いやな結露の発生を防ぎ、カビの発生も防ぐ効果があります!(^^)!

◆窓の結露に悩まされている
◆冬になると室内の温度が急激にさがる

などの目的とする場合は窓の断熱性を強化することをおすすめします(*^_^*)

 

 

②防犯対策

窓のリフォームを行う2つ目の目的

戸建てに多い「空き巣」。空き巣の侵入を防ぐために「防犯対策」が必要です。
空き巣の侵入経路は、窓からがほとんどです。防犯対策を目的としたリフォームを検討中なのであれば、割れにくい防犯ガラスを取り付けましょう!

防犯ガラスは2枚のガラスフィルムを挟んだ構造になっているので、普通のガラスより割れにく仕様です。

割れにくいってことは、防犯ガラスでも割れるの?と心配になりますよね。

ほとんどの空き巣は、5分以内に侵入できない場合は、あきらめることが多いそうです。
なかなか割れない窓ガラスにしておくことで、割れるまでに時間がかかり結果侵入を防ぐことにつながるのです。

 

③防音対策

窓のリフォームを行う3つ目の目的

家の中で出る音を外に漏らさないための「防音対策」。壁より薄い窓ガラスは、空気の振動で音が外にまで伝わってしまいます。
子育て中のご家庭で、兄弟喧嘩したり大きな声で子供たちを呼ぶ声は意外と外まで漏れていたりしますよね(^_^;)

そのほかにも、ピアノなどの楽器を弾いたりすると、普通の窓は外まで音が漏れてしまいます。
そのため、近所迷惑となりトラブルの原因にもなり兼ねません。

窓リフォームで防音対策を行うことで、音漏れを気にすることなく快適な生活を送ることができます!(^^)!

窓のリフォームはどんな種類がある?

窓リフォーム

 

窓のリフォームには、大きく分けて3つの種類があります。

 

 二重窓の設置

窓ガラスの取り換え

窓サイズ変更・窓の増設

 

窓のリフォームの種類によっては、工事期間やリフォームの価格が大きく異なります。

 

二重窓の設置

二重窓の設置は元の窓枠を残したまま、内側に窓を設置するリフォームのことです。
取り外しや、壁の取り壊し、窓枠の取り壊しがないので、破棄処分が必要となる部品があまりでないので、比較的低価格でリフォームを行うことができます。
二重窓の設置は、遮熱性や防音効果を高めることが期待できます◎

 

窓ガラスの取り換え

窓ガラスだけを取り替える場合、二重窓の設置と同様、低価格でリフォームができます。
窓の大きさや種類によっては、リフォーム価格が異なるのでサイズや費用は事前に確認しておきましょう(*^_^*)

 

窓サイズ変更・窓の増設

窓のサイズを変更したり、窓を増設する場合は、大掛かりな作業になるので、足場を組んだり壁を取り壊すことがあります。そのため、長い作業時間が必要となりリフォームの価格も高額になる場合があります。
念入りに業者と打ち合わせを行い、しっかりと満足ができるリフォームを行いましょう!(^^)!

 

 

宮崎で窓の結露にお悩みの皆さま。毎年の結露によりカビや汚れから解放されたいですよね。
窓のリフォームを行うことで、断熱性を強化することができ、結露を防ぐことができますのでぜひ窓のリフォームをご検討ください(*^^*)

 

当社では、安価で窓リフォームをご提供しています。 宮崎にお住まいで窓の安価リフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

宮崎で内装リフォームなら㈱トラストホームにご相談下さい

こんにちは。宮崎のリフォーム専門店㈱トラストホームです!

宮崎でリフォームをご検討中の皆さま、当社ではキッチンやお風呂、トイレなどの水回りのリフォームだけでなく、壁紙の張り替えや床の張り替え、フロアタイルの上貼り等内装リフォームも施工しています!

戸建てやマンションだけでなく店舗や事務所等の改装・内装リフォームにも対応していますのでお気軽にご相談下さい!(^^)!

 

(※当社でできる内装リフォームに関しては以前のトラストNEWSでご紹介していますのでお読みください☞「トラストホーム宮崎店でプチリフォーム始めてみませんか?」

 

さて、今回のトラストNEWSでは【内装リフォームをする上での押さえておきたいポイントや注意点】についてお話ししたいと思います。

内装リフォームを成功させる秘訣

宮崎で内装リフォームをお考えの皆さんは、どこのどの部分をどのようにリフォームしたい!と細かく決めていますか?

「今よりももっとオシャレな内装にしたい」と考えていても他とのバランスに悩み、思い切って理想の空間に挑戦する事に一歩踏み込めない方もいるのではないでしょうか。

5016610_s

 

内装リフォームする空間全体を意識する

内装リフォームで多いのは壁紙の張り替えや床の張り替えです。

大きく付いた傷みや汚れが気になりその壁紙や床の一部分だけに目がいってしまい、全体の汚れを見落としてしまう事が多々あります。

その部分だけを新しくしてしまうと、色浮きしてしまう可能性があります。

内装リフォームは空間全体を意識して考える事が最大のポイントです。

5171162_s

壁紙選びはショールームへ

当社でも壁紙サンプルの冊子をお貸しすることはできますが、小さなサンプルではなかなかイメージがわきませんよね。ショールームへ行く方が完成後のイメージが湧きやすいのではないでしょうか。

当社の施工事例でもお客様が施工した内装リフォームなどはできるだけ詳細にご紹介していきますので是非ご参考下さいね!

床選びは質感を大切に

床を変えるだけでお部屋の印象はかなり変わります。座ったり、時には寝転がったりする床だからこそ色味だけで決めるのではなく触った質感などもしっかり重視して決めましょう!

2618608

 

【無料見積もり】宮崎で内装リフォームをご検討中の方はお気軽にご相談を…

当社ではお客様の理想のお部屋づくりを実現させるため、ご要望をしっかりお伺いし最適のプランをご提案しています。

壁紙張り替えや床の張り替え、間取り変更等様々な内装リフォームの実績もあり、ご依頼くださったお客様からもご満足のお声を頂いています。

ご連絡いただければ、当社スタッフが無料で現地調査・お見積もりにお伺いいたします!(^^)!

宮崎で内装リフォームをお考えの方がいらっしゃいましたら、まずはお電話やお問い合わせフォームからご連絡ください!

 

 

当社では、激安で内装リフォームをご提供しています。 宮崎で高品質の内装リフォームなら宮崎のトラストホームに、お任せ下さい!

ページの先頭へ

リフォームをお考えの方は、当社へお気軽にご相談下さい。

  • フリーダイヤル:0120-39-1137
  • メールでのお問合わせ